VAPEで利用するリキッドの種類

電子タバコVAPEは、カートリッジに含ませたリキッドを加熱することで発生する煙を吸うしくみになっています。リキッドにはたくさんの種類がありますので、取り替えることで様々な味や香りを楽しむことができて飽きないのが特徴です。ここに女性にもVAPEが人気がある理由があります。ペパーミント系などクールな味から、フルーツ系や甘い香りや味を主体としたフレーバーが充実しています。独自の趣味趣向で選ぶことが可能です。また、新しい楽しみ方としては、リキッドを自由に混合して試す方法も報告されています。海外版ですとニコチン入りのものもありますが、国内向けは規制されており販売されていません。健康被害にもつながりかねませんので、使用はおすすめできません。リキッドの費用はタバコに比べて、安価にすみますので、禁煙アイテムとして使用を継続できるようになるとコストメリットが出てきます。

電子タバコVAPEのデメリットを確認

急速に人気が高まり国内においても、取り扱い数が増えてきた電子タバコVAPEは、スタイリッシュでおしゃれアイテムとして若い世代に浸透してきています。新しい製品ですのでメリットばかりではなく、デメリットを確認して、正しく使っていきましょう。国内販売されているVAPE用のリキッドには、ニコチン入りのものはありません。アメリカでニコチン入りのリキッドを使用した場合の健康被害が指摘されており、必ずしも無害とは言えない状況になっております。国内在住でも専門の通販サイトを通じて、輸入が可能ですので、ニコチン入りの電子タバコを入手可能な状況ですが、健康被害について留意して慎重に取り扱うことが肝要です。未成年のVAPEの使用については、法律の整備が追いついていないため、特に規制がありません。しかし、業者側の自主規制により20歳未満には販売しないサイトや販売店がほとんどです。

電子タバコVAPE使用上の注意点

電子タバコVAPEは、リキッドを蒸発させて吸うタイプのタバコ型の製品です。リキッドに各種フレーバーが用意され多様な楽しみ方ができます。若者を中心に利用者が増えている一方で、急速に広がりを見せたことによりデメリットが認知されずに使われている状況があります。甘い香りを放っている製品もあることから、子供の誤飲事故の対策が急務です。また、海外ではニコチン入の電子タバコで健康被害が報告されており、国内製品においても心配する向きもあります。本場の電子タバコを好んで、個人輸入する場合は要注意です。また、国内製品にはニコチンは含まれていないことが前提となっていますが、粗悪品には他の有害物質が含まれている可能性も否定できません。今後は法律による規制や、健康上の問題を発生させないような品質のチェック方法が整備されてくるものと予想されます。

タバコを吸うことを「Smoking」、電子タバコを吸うことを「Vaping」といいます。 これから電子タバコを始めたい方に最適なスターターキットを販売中。 発がん性物質を含まないので健康は気になるけど禁煙出来ない方にもおすすめ。 アーティストとのコラボなど海外では禁煙道具ではなく、おしゃれなアイテムとして認知されています。 VAPEのスイーツセット販売開始!